ご挨拶

在宅介護と介護システム

はじめまして、介護事業を営んでいる者です。
高齢化社会が進んでいく中で、介護サービスが今まで以上に重要になりました。
最近では、老人ホームなどの介護施設も、日本全国に作られはじめています。

しかし中にはこのような介護施設への入所を嫌がる高齢者の方もいます。
「歳とはいえ老人ホームには入りたくない」とか「せっかくだから最後まで自分の慣れ親しんだ家で暮らしたい」このような願望を持っている人が多いです。
ただ家族をはじめとして、介護をする方にとっては限界もあります。

介護をするご家族の中には、先の見えない中で必死にその瞬間の介護をしている人もいるでしょう。
しかし介護は何も家族だけでやらないといけないわけではありません。
在宅介護や通所介護システムもどんどんできています。

このような介護システムで利用できるものであれば、どんどん利用した方が良いです。
家族だけの介護が何年も続くようになると、想像以上のストレスがかかります。
介護疲れによる自殺といった事件も、時折ニュースなどで報道されています。

このような話を聞くと、私どもも心を痛めます。
「自分たちの力が及ばなかったのか…」このような無力感にとらわれることもしばしばです。

それぞれの個性が生きるケアを

私どもは、このような介護の必要な高齢者の皆様方が少しでも充実したセカンドライフを送るためのお手伝いをさせていただいております。
おそらく初めて利用するときには、知らない人にケアをお願いするのですから、不安を感じるでしょう。
また家族と離れ離れになることで、さみしく感じられるかもしれません。

しかし私どもは、それぞれの高齢者の個性や生活サイクルを尊重したケアを心がけております。
要介護者と言っても、それ以前に一人の人間です。
その人としての尊厳ある生活をしっかりと尊重したケアに努めております。

そこで皆さんがどうしたいのか、何をしてほしいのかといったことに施設の職員一同、しっかりと耳を傾けてまいります。
日常生活において、自分のことは自分で決めるということこそが尊厳ある生活に欠かせない条件だと考えております。

私たちは、あくまでも介護を受ける側の立場に立ってケアをする方針を一貫して行ってきました。
高齢者の皆さんはもしかすると、それほど時間が残されていないかもしれません。
その貴重な時間を少しでも充実した楽しいひとときになるように、そばから見守り、必要なサポートを行ってまいります。

一人でも多くの人が、笑顔を絶やさない生活を送ってほしい、このポリシーをベースに私たちは日々活用しております。
介護のことでわからないことがあれば、何でもお気軽にご相談ください。