業務内容

デイサービス

勿忘草ケアサービスでは介護システムの中でも、大きくデイサービスと訪問介護、訪問入浴の3つの業務を担当しています。
その中でもメインの事業は、デイサービスになります。

デイサービスとは、日中要介護者を預かって、それぞれに必要なケアを実施します。
たとえば普段身体の障害などで自宅における入浴の出来ない人のために、特殊浴槽を使った入浴を実施します。

当施設では看護師免許を持ったスタッフも在籍しております。
入浴の前には利用者のバイタルをチェックして、入浴できる体調が整っているかどうか確認します。

その他にも食事やお菓子のサービスを通じて、他の利用者やスタッフとの交流を図ってまいります。
レクリエーションなども定期的に実施することで、楽しいひとときを利用者に過ごしてもらうための工夫も行っています。

機能障害の見られる利用者に対しては、機能維持・回復のためのリハビリプログラムも提供します。
このように日中は介護サービスを提供し、自宅で介護する家族の負担を少しでも軽減していきます。

訪問介護

自宅療養している要介護者のために、訪問介護サービスも実施しています。
ヘルパーを自宅に派遣して、食事や排せつ、入浴などの介助を担当します。

要介護者になると、日常生活で必要な身の回りのことを自分で行うのは難しい人も出てくるでしょう。
そこでヘルパーが、身の回りのお世話も担当します。

たとえばヘルパーがいない時の料理を調理するとか、日用品で必要なものの買い出しなどを行います。
また洗濯なども手伝ってくれますから、必要なことがあれば、ぜひともお願いしてください。

家族が普段介護をしている場合、普段の介護に関していろいろと悩みを抱えているケースもあるでしょう。
その場合には、ヘルパーにアドバイスを求めてください。
専門家の観点から、今後どのようなところにケアするときに気を付けた方が良いか、アドバイスさせていただきます。

訪問入浴サービス

勿忘草ケアサービスでは、訪問入浴サービスも実施しています。
要介護者の中には、自力で入浴するのが難しい人もいるでしょう。
また寝たきりなどになると、自宅にある浴槽ではお風呂に入れないという人も出てくるはずです。

そのような人のために、スタッフが自宅を訪問して解除しながら入浴してもらいます。
寝たきりの方でも湯船につかれるような、特殊浴槽も完備しています。

勿忘草ケアサービスの訪問入浴サービスでは、ヘルパーの他にも看護師も随行しています。
そして入浴する前には、バイタルチェックや要介護者の様子を観察して、入浴させても良いかどうかの確認を行います。
このため、入浴中に不測の事態の発生することはまずないと言って良いでしょう。